元本割れしない学資保険ランキング

教育資金の目安

HOME
お気に入りに追加

大学の入学金と授業料の目安。国立、公立、私立で比較

  国立 公立 私立
入学金 約27万円 約27万円 約27万円
1年間の授業料 51万2700円 52万3500円 115万3900円
4年間合計 232万0800円 236万4000円 488万5600円
(※平成18年度学生生活調査結果、独立行政法人日本学生支援機構調べ)

 学資保険の契約金額を決める場合に、子供の教育資金がいくら必要か?その目安を調べたいところです。

 学資保険の主たる目的が、大学入学時に必要な教育費の穴埋めだと思うので、まずの必要金額の目安が大学に必要な教育費用です。

 入学金に関しては、国立と私立にほとんど違いはありません。ただ、私立の場合、入学金のほかに、寄付金・施設設備費の名目で費用がかかるケースがあります。
 施設設備費は、毎年かかるもので、私立だと10~20万円。
 寄付金については、入学時のみですし、支払い義務はありませんが、一口10万円で、2口お願いします!などとお願いされるのが一般的なようです。

 そしてメインとなる毎年かかる授業料ですが、私立と国公立では、2倍以上の差となり、4年間合計すると200万以上の差となります。
 親の気持ちとしてみれば、是非、国公立にいってもらいたいところですが、大学の進学先は、子供が決めるものです。親としては、大学で、これくらいの費用がかかると考えて、資金を積み立てる必要があるわけです。
 ちなみに、上記は、文系に進学した場合の金額です。理系や医学部などを選択した場合は、さらに多くの金額が必要となります。
 工学部等であれば、年間20~50万円程度の差ですが、医学部については、年間1000万円前後の学費がかかるケースもあるようです。
 医者を目指すのであれば、学資保険は当たり前のこと、そのほかの学費を貯める手段が必要になります。


スポンサード リンク