元本割れしない学資保険ランキング

かんぽ生命 学資保険

HOME
お気に入りに追加

かんぽ生命の新学資保険「はじめのかんぽ」は元本割れ、返戻率が低いです

かんぽ生命の新学資保険 はじめのかんぽ

 郵便局の学資保険として知名度が高いのが、かんぽ生命の新学資保険「はじめのかんぽ」です。

 2014年にリニューアルして、一時は返戻率がアップしましたが、2016年の保険料改正で返戻率が低下、元本割れする保険となりました。

 医療保障もついていますが、教育費の積立を考えるなら、返戻率の良い、他社の学資保険がおすすめです。


  1. かんぽ生命の新学資保険「はじめのかんぽ」のコース
  2. コースごとの返戻率と月額保険料の例
  3. 「はじめのかんぽ」は元本割れするので入るべきでない
  4. 元本割れしない返戻率が高いおすすめの学資保険

かんぽ生命の新学資保険「はじめのかんぽ」のコース

 かんぽ生命の新学資保険「はじめのかんぽ」のコースラインナップは下記の3つです。

・「小・中・高+大学入学時の学資金準備コース」
→中学、高校用に祝金がもらえるタイプ。返戻率94.4%

・「大学入学時+在学中の学資金準備コース」
→大学1年、2年、3年、4年と4回保険金が受け取れるタイプ。返戻率95.4%

・「大学入学時の学資準備金コース」
→従来の大学入学時に保険金が受け取れるタイプ。返戻率94.8%

 医療保障として、その日からという特約がつくのですが、94~95%の返戻率では、学資保険の意味がありません。

※2018年7月22日調べ

スポンサード リンク


コースごとの返戻率と月額保険料の例(2018年7月調べ)

子供0歳、契約者30歳男性の場合の場合の例です。

コース 返戻率 加入年齢 受取イメージ
満期
月払い保険料 保険金額
小・中・高+大学入学時の
学資金準備コース
約94.4% 0~3歳 小学校15万円、中学校15万円、
高校45万円、大学300万円
【18歳】
12,740円 260万円
大学入学時+在学中の学資金準備コース 約95.4% 0~12歳 大学1年50万円、大学2年50万円、
大学3年50万円、大学4年50万円
【21歳】
9,700円 200万円
大学入学時の
学資準備金コース
約94.8% 0~12歳 大学入学時200万円
【18歳】
9,760円 200万円

 すべてのコースで元本割れとなっています。


かんぽ生命の学資保険は元本割れするので入るべきでない

 はじめのかんぽは、以前は郵便局の学資保険として、学資保険のシェアはずっと1位でした。

 ただ、アフラック、ソニー生命など返戻率重視の保険に負けてシェアが低下、リニューアルの方針となりました

 いったんTPP関連の法案の是非で保険の改変が見送られときもありましたが、一般の保険同様のレベルを目指して、2014年にリニューアルとなりました。

 郵便局の学資保険から、かんぽ生命の「はじめのかんぽ」にリニューアル後は、元本割れせず、テレビCMなどもあり、人気も出ましたが、2016年8月の保険料改定で、元本割れするようになり、2017年に入りさらに下げました。

 郵便局の保険ということで、安心感はあるかもしれませんが、教育資金の積立のための学資保険なので、元本割れしない学資保険を考えるべきです。

 医療保障として、その日からという入院特約は付きますが、医療保険を考えると、入院特約だけでは不十分で、最低でも、共済程度の保険をつける必要があります。

⇒子供の医療保険におすすめの共済

 はじめのかんぽの返戻率は下がりましたが、元本割れせず、返戻率が高い学資保険もあります。
 下記の表より、詳細を確認してみてください。


元本割れしない返戻率が高い学資保険

保険名をクリックすると、詳細を確認できます。

保険名 返戻率 満期
ソニー生命の学資保険 Ⅲ型 103.8~107.2% 22歳
ソニー生命の学資保険 Ⅱ型 101.9~104.8% 18歳
ソニー生命の学資保険 Ⅰ型 101.7% 18歳
フコク生命
みらいのつばさ ジャンプ型
101.9~105.5% 22歳
ニッセイの学資保険 101.7% 22歳
フコク生命
みらいのつばさ ステップ型
101.2~104.7% 22歳

→かんぽ生命の学資保険の公式サイトはこちら


スポンサード リンク