元本割れしない学資保険ランキング

子供 医療保険 おすすめ

HOME
お気に入りに追加

県民共済など、共済がおすすめ

 子供の医療保険に入ると決めた場合、おすすめな保険は共済です。

 ママ友などの近所の人に聞いたり、ヤフー知恵袋、教えてgooなどのネットの口コミなどを見てみてください。おそらく、都民共済、県民共済、府民共済などの市区町村の共済や、コープの共済、全労済・JAの共済などをすすめられると思います。

 共済のいいところは、必要最低限の保障を低価格の保険料でサポートしてくれるところです。

 このメリット感から、2014年3月現在2000万件を超える加入者数で、123万件の新規加入者数となっています。当然、すべてこども向けというわけではなく、火災保険などの数字も入っていますが、かなりの人に支持されている保険となっています。

共済の保障内容

 下記は都民共済の生命共済 こども型の保障内容の例です。

保障内容
入院 事故 1~360日目まで 1日あたり5,000円
病気 1~360日目まで 1日あたり5,000円
通院 事故 1~90日目まで 1日あたり2,000円
手術
(組合の基準による)
2・5・10・20万円
先進医療
(組合の基準による)
1~50万円
後遺障害 交通事故 1級 300万円 ~ 13級 12万円
不慮の事故(交通事故を除く) 1級 200万円 ~ 13級 8万円
死亡

重度傷害
交通事故 500万円
不慮の事故(交通事故を除く) 400万円
病気 200万円
重度障害割増
(年金払い、最高10回払い)
1回につき 50万円
被害事故死亡
(重度障害を含む)
200万円
扶養者の志望 交通事故・不慮の事故
(重度障害を含む)
350万円
病気(加入・変更後1年未満は除く) 50万円
第三者への損害賠償
(1,000円は自己負担)
1事故につき支払限度 100万円

 病気、ケガによる入院・通院、手術に対する保障(先進医療についても保障します)のほか、子供の過失による第三者への損害賠償(子供が投げたボールが当たってガラスを割ったなど)に対する保障、保護者(親)が交通事故・病気などで死亡した場合の補償もあります。

 損害賠償については、自動車保険などに付帯している場合あり、そちらを使ってもいいのですが、そういうものに加入していない場合は心強い保障です。

 上記は、東京都の都民共済の例ですが、都道府県民共済グループの保険が39都道府県にわたっており、ほぼ同様の保障内容となっています。

割戻金もあり保険料が安い

 これだけの保険を月1000円で揃えられるのは、かなりのメリットとなっており、さらに、毎年3月31日時点の加入者を対象に、8月頃に剰余金が返ってきます。
 都民共済の場合、平成25年度の割戻率は22.47%なので、掛金1000円のタイプだと、2696円のマイナスですから、年間9304円。一月あたりだと、約775円となります。
 毎年、全く同じ割戻率とは限りませんが、ほぼ同程度。

 トータルで安い保険料も、共済がおすすめかつ人気の医療保険である理由です。


スポンサード リンク